AX まさか勝てるとでも?(私が) 罠、つまりトラップ










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

罠、つまりトラップ 

私がこのポンコツボディの異常個所Aを定期メンテに行く病院をホスピタルA、略してホAとしよう。そして、異常個所B担当の病院をホBとしよう。
今日の午後、私は必ずホBに行かなくてはならなかった。ホBの担当箇所は非常に重要かつ繊細である。予定した日、時刻からわずかなりともずらすわけにはいかない。死にはしないが地獄を見る。
また、ホBは診療や待ち時間が長いので、普通に午後は全部持っていかれる。
しかし今回は同時に、ホAにも早期に行かなくてはならない状態になった。ただ、こちらは訪問タイミングにわりと融通が利く。
つまり午前にホA、午後にホBに行けば万事解決と言うことになるのだが、問題はこの二つの病院が往乃家を挟んで60キロほど離れていることである。位置関係を簡潔に示すと

ホA―(30km)―往乃家―(30km)―ホB

こうである。この両者に一日で世話になるには、電車、バスの一本にも乗り遅れてはならない。
前日のうちに計画を立て、完璧なスケジュールが完成した。この通りに行動すれば、明日一日で片付く……!!

午前10時過ぎ、ホAの診療が終了した。朝、睡眠不足により電車内で何度も横の人に寄りかかってしまったことを除けば計画は順調に進んでいた。行ける、ホBの診察受付開始時刻ジャストに……!
しかし、薬局を出たその時、思いがけない罠が私の前に立ち塞がった……!!

                          ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /   や、久しぶり
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ  
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /



ぬ、ぬこさまーーーーーー!!!!!!

「にゃあん」

説明しよう。往乃は約二週間に一度のペースでホAに通院している。ホAはどういうわけか市街地から離れた住宅街の中にひっそりと佇む、RPG終盤に飛空艇で行ける隠れ武器屋のような名院である(だから移動にも時間を取られる)。その周辺、数ヶ月に一度ほどの頻度で遭遇できるレアポップキャラクターがこのかあいい野良ぬこさまだ。
彼女は非常に警戒心が強く、車道の反対側に居るのを発見した私が一歩そちらに踏み出しただけで「逃げ」に入る。それはもうメタルスライムのようにあっという間に消えてしまう。いつもいつもいつもいつもそうであった。
そんな彼女が……

私から数メートルの距離で、あきらかにこちらに向かって誘うように「にゃあん」と鳴いている……だと……?

……………………

ご存知の方も多いかと思うが、私は「ハルヒと猫、告白されるならどっち?」と聞かれたら
ハ……ハル……ハルにゃん!と答えるくらい猫が好きである。
しかもここしばらく生猫分が不足していた。
今の私は目の前に人参をぶら下げられた……馬……!!

もちつけ!
         ノ.ヽ//  ペッタン
         ヽ メヽ    ペッタン
     ∧ ∧ //ヽメ、  ∧ ∧
     ( ゚Д゚)//     )ヽ (゚ー゚*)
     /  づ     /   とと ヽ
    ~て ) //_)   | ̄ ̄ ̄| 〉 ノノ~
    (/ ∪     >   .< ∪


KOOLになれ前原圭一。今、猫とじゃれている場合か? NO。
じゃれあい始めたらお前は小一時間くらい余裕で潰すよな? YES。
じゃあ見なかったことにして普通に横を通り抜けろ。い……YES。
普通に。
普通に横を……。

「にゃあん」
無理――――――――!!!!!

ぬこが鼻先をこすりつけてくる。どういうわけかものすっげえ友好的。何があった。
背中を撫でるとなーごとか言ってくたっと横になる。
仰向けになって大の字になっちゃったりする。
そんで目を閉じて首と肉球ハンドを左右に振るとかそんな仕草されたらもう、もう、あああああああ
ぬこさま2
  
ぬこさま
駄目だ……私はここから先へは進めない。みんな、許してくれ……。


十分後、往乃は通りがかった車によって救出された(ぬこが驚いて離脱した)。

しかし最後に私は見た。彼女が完全に姿を消す前、立ち止まってこちらに向き直ったのを。
そして、我に返った私がばいばい、と手を振ると頷くような仕草をして視界から消えるのを。

彼女と次に会えるのはいつだろうか。次も今回のように遊んでくれるだろうか。


ちなみにスケジュールは十分くらいのズレならなんとかなりました。

委員長「先生、往乃さんはもっと強い心を持ったほうがいいと思います」
[ 2008/07/08 22:19 ] 雑文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/924-489d85c2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。