AX まさか勝てるとでも?(私が) 敏鬼という男










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

敏鬼という男 

ノベライズ中心だった「メガミ文庫」が全面リニューアルしてオリジナル路線へ
物凄い勢いで誤解だと指摘されたので修正。
喜んだり喜ばなかったりするらしいです。


あわあわ。なんか申し訳ない。なんか申し訳ない。
ええと、一応アンサイクロペディア:井上敏樹(作風)、仮面ライダーキバへの
リンク貼っておきますね。
井上敏樹という「脚本家」を知る上で最短ルートだと思います。
キバでは「名護さん」「紅音也」の項が特に重要です。

井上敏樹 - アンサイクロペディア
仮面ライダーキバ - アンサイクロペディア
>敏樹の必殺技「池ポチャ」。類似にベルト外れ、勝手に変身解除など。

>『仮面ライダーキバ(かめんらいだーきば)』とは、2008年に毎週土曜深夜32時に絶賛放映中の特撮番組。親父のせいで逃げられた怪人を倒すのを押し付けられた悲しい少年の物語である。物語は2つの時間軸を並べて進められる。親父の悪事を描く過去編と、そのとばっちりを子供が受ける現代編の2つの時間軸が同時に進行していく。

これが誇張じゃないですからね。アンサイクロペディアなのに。

555の最終回で三人ライダーがカッコよく同時に変身して10秒持たずにベルト外れたときはリアルに飲み物吹きましたからね。変身への前フリ演出のほうが長かったですからね。クライマックスだってのにまた糊でくっつけてんのかよそのベルト! とか言いたくもなりますよ。
その癖の強すぎる作風と破天荒な言動から、信者もアンチも多い人なのです。
「来年のライダーは井上だってよ!」という情報が流れると、特撮ファンの反応は
「よっしゃーぜってー見る!」と「オワタ」に綺麗に二分されます。
以下は「オワタ」側代表コンビネーションバラエティさんへのリンクです。

仮面ライダーが井上敏樹の脚本のとき
日記再録「仮面ライダーファイズ」編~(個人的に特に共感できたのはは10月11日、11月9日、12月9日の感想)

私の中の認識では「原作付きならいい仕事をする。ただし、一から描かせると大変なことになる脚本家」。
……でしたが、シリーズ構成から務めたアニメ版デスノート最終話の改変でそれもちょっと怪しいなあと思うようになりました。
なにこのBLアニメ
蒼い髪と黒いノートと黄色いドロボウ:◆DEATH NOTE◆アニメ版最終回考察
アニメ版デスノート最終回が原作と違っていた件

神の すごい 生命力  2時間40分以上のランナウェイ
あの状況であっさり追っ手を振り切る月はマジ新世界の神。ジェバンニってレベルじゃねーぞ!
とりあえず矛盾点を解決する魔法の呪文置いときますね(´・ω・`)つ敏鬼
(当時の私のコメント)

でもまあ今回はあくまで「原作」ということなので、脚本家としての欠点は綺麗に排除されて
意外と素晴らしい作品に仕上がってくるかもしれませんね。
むしろこの期に及んで執筆担当者がワープとか池ポチャなんか描いたら確信犯(誤用)ですし。
[ 2008/06/11 08:36 ] 雑文 | TB(0) | CM(4)

敏鬼伝説

この世にプロデューサーが現れて以来、彼らは皆、腕のいい脚本家を自分の傍らに置こうとした。
権力に仕えるはずだった脚本家の中からやがてその脚本の力で、スポンサーの体と心をも操る者が現れた。
そのような闇の脚本家の頂点に立つ者に代々伝わってきた敏鬼がある。
その名も「黒敏鬼」。

時のスポンサーの体と心を操り裏から支配してきた闇の脚本家に対し、人々の小さな幸せのために生きてきた光の脚本家たちがいる。
そのような脚本家の頂点に立つ者に代々受け継がれてきた敏鬼がある。
その名も「白敏鬼」。


結論:切れ味がアグレッシヴな脚本家は、用途を守らないと大変です。
[ 2008/06/11 20:42 ] [ 編集 ]

オフェンスに定評のある

そんな何人も敏鬼がいてたまるか
の一言でぶった切りたいところですが我慢します。
ええそれくらい耐えますとも。

疑問:正しい用途ってどんなでしょう。
未だ正確には解き明かされていないブラックボックス。
そろそろ身近な誰かが確立してくれてもよさそうな気がします。
[ 2008/06/11 22:41 ] [ 編集 ]

素朴な疑問

>そんな何人も敏鬼がいてたまるか
全くだ! 全面的に全くだ!
正直、それこそアギトの頃から(つーか蠍座が動いた頃から)思ってます。こども向けヒーローものに向いてる作風じゃないし、ここまで重宝される理由がわか(ry

脚本家がいないわけじゃ……ないよなあ……?
[ 2008/06/11 22:49 ] [ 編集 ]

見極めたッ!

何人も敏鬼がいるんだよ!!(180度転換)
それならば異常な筆の早さや
自分で張った伏線を覚えていないんじゃないかとしか思えない
投げっぱなしストーリー運びにも説明が付く!!
そう……平成ライダーシリーズは実は
敏鬼量産……クローン人間計画の公開実験だったんだよ!!

ここ、例のリアクションするところですからね。
[ 2008/06/12 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/890-b57f0f02



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。