AX まさか勝てるとでも?(私が) ゲームカテゴリの意地










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゲームカテゴリの意地 

「今年最後の更新とさせていただきます」って言ったが
スマンありゃウソだった。


このブログが「ゲーム」カテゴリに属しているということを忘れ去られないためにも、この時期のweb界隈でのお約束「個人的今年のトップ10」だけはやり遂げてから年を越したいなと思い直したのでございます。ご了承ください。
一体何人が年を越す前にこの記事を目にするのか相当疑問だけどな!

以下格納


■2007年往乃的ゲームランキング


10・ペルソナ3 フェス
あくまで「ペルソナ3完全版」としての評価。
やはりアイギス編は蛇足……というか、根本的に方向性を間違えていたと思います。
ファンが「後日談」に期待していたのはああいうのじゃないだろう、常識的に考えて。


9・世界樹の迷宮
本来ならもっと上位でいい名作だと思います。しかし「個人的ランキング」である以上、残念ながらウチではこのあたりの位置に甘んじて貰うほかありません。
なぜならばっ! 第3階層序盤でうっかり重大なネタバレを踏んでしまいプレイへのモチベーションが急激に低下し、それが今でもトラウマになっているからなのですっ!
「あの時、あそこをクリックしなければもっともっと楽しめたんだろうなあ」と思うと悔やんでも悔やみきれません。きゅう。


8・どきどき魔女神判!
あけてビックリ普通のアドベンチャー。いい意味で。
ルル様は俺の主人。


7・ファイナルファンタジーⅣ(DS)
まだクリアはしていないのですが。
ストーリーは良くも悪くも昔のまんま。すごいベタで唐突ですよ。正直、今の時代にコレを(ほぼ)そのまま出していいもんかなあとプレイしながら冷や汗をかくくらいに。
でも最近のFFチックになりつつも別物とまではいかないアレンジのされたシステム、序盤から本気で殺しにかかってくる世界樹的気概のあるエネミーの面々がとっても素敵。歯ごたえある仕上がりになっております。
……どうでもいいけど、「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士」も「王に育てられた月の血を引く飛空艇団『赤い翼』隊長暗黒騎士セシル(のちにパラディンとなる)」も厨レベルは大して違わないと思う。


6・ロックマンゼクスアドベント
うん、好きなんだインティロックマン。
主人公の差別化を徹底したのが好ポイント。トランスオンも思っていたよりそれぞれに使いどころがあって、非常に面白かったです。電気ネズミかわいいよ電気ネズミ。


5・スーパーロボット大戦OGS
2>>>越えられない壁>>>1>2.5
私の中ではこんな感じになってます。2部分の実力によってここにランクイン。
1は「ストーリー的密度が薄くなってもいいからとにかく話数を増やそう」という姿勢が(GBA時代から)好きでありませんでした。ちょっと喋ってすぐ戦闘、ちょっと喋ってすぐ仲間。そっちの方が好きという人も多いのでしょうが、せっかくのリメイクなんだからテキスト増量して欲しかった。
2.5はなんというか、位置づけが一種の詐欺に近い気がするので面白かったけれども論外。あとラミアをアレして引きとか考えられねー


4・アルカナハート
何も言うな、普通に大好きなんだ。
そもそもロクにゲーセンもない田舎住まいの私にとっちゃー、完全新作格ゲーが家庭用機に移植されただけでも狂喜乱舞できる条件は十分満たされた大事件だったのだよ。分かれ。


3・ゲームセンターCX~有野の挑戦状~
何故こんなに楽しいのか自分でもよく分からない。特に懐古なヒトでもないし。本編中の有野少年的癒し要素は、クリア後には関係なくなるし。
けれど時間が出来たとき、気がつくと電源を入れてやりこみモードに手を付けているのです。有野オーン! あー、ドリフトブースト気持ちいいなー。


2・スーパーロボット大戦W
フルメタ出るし、携帯機のスパロボがどれだけできるようになったかも気になるし、やってみようかな~。そんな程度の気持ちで手に取りました。
なんじゃこりゃあぁぁぁぁぁぁ!!!
テンポのよさ。クロスオーバーの自然さ。一本芯の通ったブレのない「この作品としての」テーマ。スパロボ的にイレギュラーにも程がある「熱く、そして爽やかな」ラストバトル。二週目でユカイに変化するシナリオ。なにより「ちょっとアレな原作」の「アレな部分」を上手いことアレコレして周囲に溶け込ませてしまう捏造最適化の巧みさ。
……脱帽です。次の携帯スパロボも、是非今回のスタッフさん(特にシナリオライター)に続投していただきたいものです。


1・すばらしきこのせかい
ダークホース中のダークホースのさらに上を行った10年に一度のダークホースなのに大多数の人にとって未だに闇の中という不遇の名作。タイトル、キャクター、世界観の全てから漂ってくるオサレ感が人払いの結界の如くユーザーを遠ざけまくっているので仕方ないのですが。少なくとも、私が今年プレイしたゲームの中ではダントツの一位です。現時点で最も「DSでしかできない、DSの特性を生かしたゲーム」だとさえ思います。
全身これクリエイター魂のカタマリ。本編中も面白いが、クリア後は別のベクトルの面白さが発生する構成。とりあえず、「騙されたと思ってやってみろ」としか言えません。そして、騙されても怒るな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これにて今度こそ今年の更新は終了です。
良いお年を!(年明けてから見てる人のほうが多いだろうけど)

[ 2007/12/31 23:13 ] ゲーム関係 | TB(1) | CM(2)

明けました

あけおめです。
すばらしきこのせかいは最近やりはじめました。
あ、だまされてませんよ?w
面白そうだと思ったら予想以上の面白さだったんで
ビックリですわ。
それはそれとして今年もよろしくです。
[ 2008/01/01 01:49 ] [ 編集 ]

明けましたね

あけおめです。マブスラやろうぜ!(ここまで挨拶)
騙されなかったですか……それはよかった。ようやく身近にあのゲームの話が通じる人間が出来た……(´;ω;`)

今年もよろしくお願いします。
[ 2008/01/01 20:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/693-45f0578b


【どきどき魔女神判!】の情報を最新ブログで検索してみると…

どきどき魔女神判! に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
[2008/01/01 03:56] URL マッシュアップサーチラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。