AX まさか勝てるとでも?(私が) 電王第2話「ライド・オン・タイム」










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電王第2話「ライド・オン・タイム」 

やばいよ電王、やばいよ
2話目にしていきなり泣かされるところだったよ……。

まあ終盤で映像が激しく乱れて別の意味でも泣きそうになったわけですが(どうでもいいですか そうですか)。
映像機器の寿命への対応策については今後の課題として、とりあえず感想。

格納



■「本日はデンライナーのご利用まことにありがとうございます」
いきなり盛大に噴いた。
顔を覗き込んで「すっごく美味しいコーヒーはいかがですか?」とかずるいよ。今回の真魚ちゃんは天然小悪魔だ。

■願いをかなえる代わりに、過去の時間を貰う。それがイマジンの契約。
どうやら彼らは未来世界を自分達の都合のいいように作り変える「使命」があるらしいのですが……一体、あんな破壊活動が未来をどのように好転させるというのか? まだまだ「裏」が有りそうです。
ひとまず、被害の規模で言えばイマジンってのは平成シリーズ最凶最悪の怪人ですな。今回だけで何百人死んでるかわからないぞ、アレ……

■今回もハナはちゃんと常識人でした。やはり越えてはいけない一線は越えない(強気キャラ>>>越えてはいけない壁>>>自己中DQN)、絶妙なハンドルさばき。一度アングルが一線を越えた気もしますが私は何も見ていないという体でお願いします。てか多分あれ防具だしね。
どうやら二人称は基本的に「キミ」「あの子」。お姉さんだよやっぱお姉さん属性だよこの人。しかも良太郎が照れて目を逸らしても「?」とか天然まで持ってる。えらいことですよ。この人強力ですよ。うかうかしてるとヒロインの座を取られちゃうよ、モモタロス
良太郎が「やらなきゃいけないことは分かった気がする」と言った時の嬉しそうな顔が素敵すぎる。ちょっと頼りないけど、やっぱり彼は私が捜し求めていた電王だ、と。そう思ったのでしょうな。くっはー。

■例えば、昨日に行って昨日の自分を殺したら、今の自分はどうなるのか? いわゆる「タイムスリップもの」のストーリーというのは、どう頑張っても必ずどこかに矛盾ができます。だから、タイムスリップを扱う時は設定上の「妥協点」をどこに置くか、をまず考えなければいけません。「なぜかどうしても殺せない」とか「殺せるが自分は消えず、元の時代に戻ったら自分はいないことになってた」とか、「殺した瞬間自分が歴史から消滅する」とか、その世界なりのルールが必要が必要なのです。
電王の世界では、「過去が変わった瞬間、それが直接的に現在に反映される」という形になっているようです。どう考えてもメチャクチャなんだけど、映像的に派手だし何より脅威として分かりやすいので、私的にはアリです。おそらく、「過去の自分を殺すと今の自分は消滅する」世界でしょう。
理屈をつけるなら、イマジンが飛ぶ「過去」というのは「現在と同時進行し、起こったことが現在に影響する過去っぽい平行世界」と考えればよさそう。以下、現時点での自分的ルール妄想。
・「過去」に介入者が進入しようとした時点で「平行過去」が発生し、介入者はそこに行く事になる。
・「平行過去」で壊されたものは「現在」においても「過去」に壊れていたかのように変化する。
・「平行過去」への未来からの干渉が終了した時点で「平行過去」の進行は停止し、「現在」への影響も停止する。
・よって、「平行過去」で壊されたものは「平行過去」で直されない限り、「現在」に至るまで直されなかったことになる。
・よって、「平行過去」で起こったことによって「現在」が変わっても、「平行過去」における変化に関与していない人間の記憶は書き換わらない。


■「見てた? 見てたかな~」
見てたよ。現在ぶっちぎりで好感度ワースト1だよね、キミ。いや別に嫌いではないけどね、本当に。好きでもないけど(うわあ
ただ、もしも毎回モモタロスに投げ飛ばされるみたいな役回りだったなら大好きになれそうな気がする。

■カツアゲDQNの悲しい過去。ぶっちゃけコイツは人間的には最低なわけですが、その過去については同情の念を禁じえない。……こういうの上手いんだよなあ、小林さん。

■そしてDQNが自分に何をしたかとかは全くどうでもいい様子の良太郎。彼にとって大事なのはただ、「泣いている人がいて、その涙は自分の手で止めることができるかもしれない」と言うことだけ。
あんた、男だよ……なよっちいけどカッコイイよ……(涙)。
ハナの静止にも毅然とした態度で「ちょっとだけ……ほんのちょっとだけ、だから」。なんだよ、他人のためなら、強くなれるんじゃないか……ヒーローだよ、正しく。いくらでも気絶するがいい! 私は一年間、キミに付いていくことに決めたぞ。

■「俺……参上!」シュイーーーーーーーーン(デンライナー)
うお……いいなあ……すっかりお前の貸しきりじゃないか時の列車。なんとなくドラグレッダーぽい。

■タンクローリーで大暴走し、過去と現在を破壊するイマジン。ああ、奴を止められるやつはいないのか? 人々が絶望に包まれたその時! 時空の彼方から、あの音がやってくる……!
「♪パラララパラランララパラララパラランララ♪」シュイーーーーン!
……まさかあの音があれほどかっこよく聞こえる演出があろうとは思わなんだ。あれで現れるのが「電車」だからいいんですよね。現れるはずのないところに突然現れる巨大な乗り物、というシチュエーションが蝶燃える。

■バイクでデンライナーを動かしてると気づくのにわずかに時間を要しました。驚いたよ、ずっとあのゲーセン状態のままでバイク単体では走れないのかと心配したよ。

■モモタロスが相変わらず激しく萌える件。ハナに勝てないモモタロス萌え。お呼びがかかって「キター!」とか喜ぶモモタロス萌え。
「危ねえっ」でさらに株が急上昇しましたよ。そうです、「不良がいいことするとすごくいい奴に見える法則」です。
「やっぱこっちの戦いの方が俺好みだぜ」っていうのは、「侵略者より正義の味方の方が性に合ってる」って意味に聞こえました。うん、やっぱバカだけど根はいい奴なのかもしれない。……単に数々の電王ギミックがお気に入りの特撮マニアという説もなくはないですがスルーします。
「桃太郎ぉー!? 笑うなっ!!」は脚本家によるセルフツッコミと受け取っておきます。
今週の名言「あ、出来た?」

■DQNが病院へ行き、母と……
べ、別に蝶感動してなんかないんだからねっ……!!

■「でかいもんにはでかいもんに決まってるだろう!」
エエエエエエエエエエエエ!!?ww それでいいの!?www 良太郎と一緒に叫んじゃったよ!すごいなこの割り切りっぷりは。そのうち、本当にデンライナーでひき殺すとかやりかねない。


■総合:今週も面白かった! 一話で笑わせ二話で泣かせるこの構成、龍騎とイメージが重なって「ああ、やっぱ小林さんだ」と感じました。この人が脚本である限り……大丈夫だッ!

次回は……獅子丸ちゃんかよ!!ww
時の列車デンライナー、次の駅は過去か未来か?
[ 2007/02/04 18:43 ] 仮面ライダー電王 | TB(3) | CM(2)

順調に滑り出し

あとは裏切りとか、内輪揉めとか、さそり座が動き出すとか、伏線投げっぱなしジャーマンとか、いつのまにかオフェンスに定評のある人がメインライターになるとか、そういうことがない限り、名作になりそうな予感がしています。

ヒロインの座は、ディフェンディングチャンプ・モモさんと、虎視眈々と狙うハナ、一発逆転を狙っていそうなナオミ、大穴でヒロインになれそうな良太郎、そして数々の刺客(浦島の人とか金太郎の人とか)と、激戦になりそうデスネ。
[ 2007/02/04 22:56 ] [ 編集 ]

それって……

よく見ると敗北条件はひとつです。本当にありがとうございました。
名作の予感は私も感じてますが、どうしても負の前例が脳裏をよぎり、安心できない状態であります。頼む、デスノのホンとかはオフェンスの人に任せてこっちに集中して頑張ってくれ、小林さんッ……!!

>ヒロインの座
男でさえ名前が挙がるのに可能性を見出してもらえない野上姉カワイソス
[ 2007/02/05 19:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/359-e581d097


「第2話 ライド・オン・タイム」 電王感想

ということで……電王第2話の感想なんだよね。すでに電王楽しいと思っちゃってるんだ。 いつのまにか「イージャンスゲージャン」も、いい曲だなぁと思えるくらいには洗脳されちゃってるんだよね。
[2007/02/04 20:09] URL でいりーひまつぶし

第2話 ライド・オン・タイム

(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン    電王オープニング「Cli
[2007/02/04 23:42] URL 好きなもの

仮面ライダー電王 第2話 「ライド・オン・タイム」

 ……畜生。 ……ええ、ええ話やないか~~~!!(涙) 年取って確実に涙もろくなっている、という事実は否定できませんけれど、でも、なぁ、いいもんはやっぱいいだろ。あれよあれよと言う間に巻き込まれ、よくわかんないけど何となくわかったという主人公が、わずかな
[2007/02/05 23:54] URL Old Dancer's BLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。