AX まさか勝てるとでも?(私が) ネウロ90話 0【-】










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ネウロ90話 0【-】 

天才春川が辿りつく事を拒否し続けた、簡単すぎる答え。最後の最後、1が0になる「刹那の瞬間」の再会。彼を消した弥子は知る由も無い、死の直前だけにあった救い。切ない、切な過ぎる……。
これで全ての当事者はこの世から消え去り、真相を知るのは弥子ただ一人。彼女の背負う重荷は、いかほどのものか。

20061218175703.jpg

「国中を危険にさらしてでも助けておいてやりたい奴」
…いつしかネウロは弥子にとってそんなカテゴリーに分類されるような存在になっていました。また、ネウロにとっても弥子は、

「…わかんないよっ…あんたなんかには…!!」
「…………そうか ならばいい 日付も変わった 帰るぞ」
「………うん」


単なる「笑うべき時に泣く胸の凹んだワラジムシ」ではなく、「彼女が『あんたにはわからない』と言うからには自分には理解できないからどうでもいい」という、多少歪ではありながらも一種の信頼と呼べるものをおける相手になっていました。
弥子の日付が変わると共に、ある意味でネウロの日付も変わっていたのかもしれません。


くっはーーーーーーーーー!!!
ダメです、もう最高です(どっちだ)。
連載開始以来の長期シリーズとなった電人HAL編、今回ので完全に神認定です。てかなんだ、最終回かって勢いでしたよ、もう。いや、まだ終わられちゃ困るんだけど。

とにもかくにも、ようやくひと段落。日付の変わった弥子、魔力の蘇ったネウロ、脅威の去った世界。
冒頭の「人為的?」発言はこの先の展開への伏線なのか、もしそうならXの病気とも関係があるのか?
次週も松井先生の脳細胞と筆がうなる!(予定)



dcs.jpg

ぶち壊しだ!!!w
[ 2006/12/18 18:29 ] 魔人探偵脳噛ネウロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/329-ab4b93ba



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。