AX まさか勝てるとでも?(私が) 桃太郎まとめ










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桃太郎まとめ 

日本一ソフトウェアテイストの入った桃太郎絵(という名目もあった。かつては)。

20060330204815.png

日本一の桃太郎さん。
そのまま描いてもあまり面白くないのと、
昔のハドソンがしきりにおねーちゃんがコスプレした桃太郎をCMに使っていたという事実から女の子化。
基本的に喋らないので性格が掴みづらい。なので、私の中では小説版桃太郎の生真面目で純情なイメージが非常に強いです。ゲームでは女湯覗いたりするけど。





kintarou.png

「希望」の戦士・足柄山の金太郎さん。まさかりなんて飾りですよ、はり手こそが世界に通用するハイパースキルなのですよ。HP30%程度を消費するだけでたとえボス相手でさえほぼ確実に攻撃力と防御力を下げる上、重ねがけまでできるという超反則技。夜叉姫の「ふにゃらの術」の存在価値を限りなくゼロに近づけた犯人はこいつだ(ぇ

デザインの参考にしたのとか今回は無し。ただただ消したり描いたりを繰り返して出来上がり。
これまで描いた奴が男女問わず全員へそ出てることに気付いたので、無理矢理隠してみた。
頭のお面はもちろん頭頂部のハゲの代わり。なんでお面かっつーとほら、金太郎の村といえば祭りだし。





20060423033757.png

勝手なデザイン改変のみでは飽き足らず戦国BASARAチックな四文字称号入れてみたり。悪ノリが止まらない!
というわけで、おそらく(?)ヒロインであろう位置づけの夜叉姫さんです。今回も一応日本一ソフトウェアのキャラ・フロンさんを参考にはしてあります。一応。もう本当に言われないとわからんね。

桃鉄しか知らない方には、この子を普通の鬼の女の子だと思っている方も多いはず。名前を見てかろうじて「鬼のお姫様なのかな」とか考える程度でしょう。
しかし桃伝プレイヤーの方には周知の通り、この子はすげえツンデレキャラです。ハンパない。桃伝の戦闘は敵を倒すのではなく「こらしめ改心させる」のが目的なのですが、夜叉姫戦はその過程の象徴みたいなもの。お時間のある方はこちらのまとめをどうぞ。

……しかし、新桃の夜叉姫(仲間)はなぜか異常に弱いです。悲しくなるくらい弱い。ステータス低いし、術も微妙だし。それでも多くのプレイヤーたちは彼女をパーティーから外しません。理由は推して知るべし。それが夜叉姫クオリティ。





20060330204917.png

一番最初に仲間になる、お供アニマルズの紅一点、雉のキーコさん。
参考にした日本一キャラは夜魔族。露出度以外の面影無し!!(死

お供どころか、全味方キャラの中でも屈指の活躍を見せてくれる有能な鳥さん。彼女の金丹の術には何度命を救われたことか。でも求める見返りはきび団子のみ。……なんかすごく生き方が不器用そうな人(鳥)です。
移動中、画面の端から端へ無駄に飛びまわっている姿が印象的。

酉の刻の位置をアナログ時計と重ねると9の位置なので玖の文字を入れました。
実際は酉の刻=六つと数えたそうですが、鳥に「六=陸」だと意味ワカランと思って無視しましたッ!←数取団風に


この角度だともしかすると後ろはこうかも知れぬ
20060419223538.jpeg






20060315132326.jpeg

二番目のお供、花さか爺さんのペット(よく考えるとすごい世界だ)、犬のポチ。仲間になったあとは完全に桃太郎のお供に徹している辺り、なんか微妙なものを感じなくもない。
参考にした日本一キャラはドクロ。っていうかほぼそのまんま。なんかわりと上手い事融合できた気がする。

ここほれ、たんさく等の特技でアイテム収集に大活躍。でもそれを覚えるまでが長いんだこれが。戦闘時は、あと一撃で倒せる敵を体当たりで戦線離脱させるという問題行動に走ることもありました。

左手に拾(十)の刺繍が入っている理由は雉と同じ。


20060427014932.jpg

三番目のお供の猿のモンタ。
正直どう描いて(擬人化して)いいか分からずすごい悩んだ。猿って元から人型だし。
さんざん迷った末、ストライダーを参考にしてみましたがどうも微妙なことになってしもうた。めでたくなしめでたくなし。

で、実際のゲームの方でも彼の印象は微妙です。仲間になった時の能力ボーナスが微妙(三つの能力が2とか3上がる)。習得できる特技の数は最も少ない四つで、その効果は全て微妙。戦闘時は敵の目をふさいで行動をキャンセルしたり酒を飲ませて酔っ払わせたりしますが、ボス戦でも(効くわけ無いのに)平気でそれを行うためやはり……微妙。とにかく微妙なモンキーです。
唯一抜きん出ているのは、ドット絵と動きの可愛らしさ。数歩ごとにくるっと回る落ち着きの無い所作がたまらない。

バックルの捌=八の理由は他の二匹と同じ。


20060328212326.png

えんま王子飼いの武将その一、風神。
目元と胸にエトナの面影。

性能は一言で言って器用貧乏。通常攻撃、単体回復、全体攻撃術がそれぞれ「そこそこ」得意なキャラです。相棒の雷神と組むと、「雷神のみ」使用できる術が増えます。……なぜだ。

「ぴゅるるるるるぅ」が口癖。というか、あれは勝手に口から出る音なのだろうか? 謎。
雷神共々、感情の動きが分かりづらい目つきや口調が好きです。
あと、テーマ曲「風神雷神」は名曲。
[ 2006/02/14 20:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/123-94df03da



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。