AX まさか勝てるとでも?(私が) ディケイドOPの歌詞について考えてみた










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ディケイドOPの歌詞について考えてみた 



見上げる星 それぞれの歴史が輝いて
星座の様 線が結ぶ瞬間 始まるLegend
オーロラゆらめく時空越えて
飛び込む 迷走するパラレル
on the road 誰も旅の途中
本当の自分自身出会うため
新しい夜明けへと続く道に変わるのだろう
目撃せよ
Journey through the Decade


改めて歌詞(暫定)を確認すると、こんだけ内容に直結したOPもそうそうないな……と感動したので、ちょっと例によって個人の見解を。

まず、冒頭がクウガのOPと対比構造になってる。

(仮面ライダークウガ!)
からっぽの星 時代をゼロからはじめよう
伝説は塗り替えるもの 今アクセルを解き放て


(Journey through the Decade)
見上げる星 それぞれの歴史が輝いて
星座の様 線が結ぶ瞬間 始まるLegend


からっぽだった星(地球)が、それぞれの歴史を持つ9つの地球に変わった。
そしてそれらの星が繋がる時、仮面ライダーが「クウガ」として新生したあの時のように、また新しい伝説が始まる。

オーロラゆらめく時空越えて
飛び込む 迷走するパラレル


OP映像ではここに合わせて半透明な平成ライダーが走ってるんで
なんとなく「あー、オーロラ」って納得するけど、
歌詞だけを見ると作中の士たちそのまんま。本当にまんま。
灰色のオーロラを越えて平行世界へ、そしてそこは
ヒーローたちが迷走しているアナザーライダーワールド。

on the road 誰も旅の途中
本当の自分自身出会うため


ここは士とアナザーライダー双方に絡めてあると思う。
士は自分の事が全く分からない。思い出さなくてはならないことがたくさんある。
現状、世界を救うため、と言われて旅をしているが
実のところそれは士が「本当の自分自身に出会うため」の旅。
そして、アナザーライダーたちは基本的に
オリジナルよりも自分自身の真実から遠い場所にいて、真実へと向かう旅の途中
作中の栄次郎が第一話で言ったとおり、「人はみんな旅人」。

新しい夜明けへと続く道に変わるのだろう


今、走っている過去の道はやがて「新しい夜明け」、
次なる物語への道に変わる。
それは「次なるライダー」への道でもあり、
地上から見上げる星座ではなく、そこにあるただひとつの地球となった
「全てが破壊され、全てが繋がった夜明け」への道でもある。
それこそが士の名前が「11」である理由では?(10番目の世界=夏美の世界は他の世界と融合し、11番目の世界=士の世界となる?)


目撃せよ
Journey through the Decade


そういうことだからこの「十年紀の旅」をよ~く見とけ(モモタロスの声で)。
[ 2009/02/27 00:00 ] 漫画アニメ等 | TB(0) | CM(3)

 

やっぱ∀ガンダムのOP「ターンAターン」に歌詞のイメージが似てますね。
それと∀ガンダム最終話のED「限りなき旅路」が混じったような。
[ 2009/03/01 02:06 ] [ 編集 ]

ターンA
・これまでのガンダム作品を全肯定
・遥か未来の世界
・旧作の要素はチラっと出てくる程度

ディケイド
・リ・イマジネーション
・9つの平行世界
・旧作要素出し惜しみなし

と、同じお祭りにしても方向性は全然違いますけどね。
[ 2009/03/01 21:13 ] [ 編集 ]

ディケイド

教えておくよ。
おれのOPは平成仮面ライダーすべてとつながる。
それぞれの星とはそれぞれの人生

そして線で結ぶとはみんな思いを一つにする。
おれの歌詞はそういうものだ。
「統率」を司る。

そしてそれぞれのライダーの歌詞は
すべて人生で起こりうることを書いている。

平成仮面ライダーの伝えたい真実は
「社会」だ。

おれか?
通りすがりの仮面ライダーだ。
[ 2009/09/14 12:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/1175-3a9cc55e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。