AX まさか勝てるとでも?(私が) ドルアーガの塔~the Sword of URUK~第一話「ギルガメスの塔」










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~第一話「ギルガメスの塔」 

「……もう一度!」


とか手酷い裏切り(公式)にも心折れる事無くカッコよく再び塔に挑んだジルさんがあっさり道を断たれてNEETになった上ファティナと絵に描いたような共依存状態になっててキュンキュンしながらも痛々しかった件。いやニヤニヤしながら見てましたけどね。何この後天性幼馴染とか思ってましたけどね。
とりあえず一期メンバーの半年間まとめ。

ジル……もう一度幻の塔を目指すも塔自体が消えているという現実に打ちのめされ気力を失う。ウトゥトマトジュース浸りの生活。
ファティナ……観光ガイドに転職。ジルとは異なり本当に外道な裏切り方をされたので、ニーバの事はある程度割り切っている様子。ジルの世話女房状態。
ケルブ……腐り切っていたウルク国に見切りをつけて退役、居酒屋の主人に。
エタナ……ケルブと共にウルク国のやり方を目の当たりにした場面以外登場していないため詳細不明。一緒にいないという事は軍に残っている?
ウトゥ……無敵のチャンピオン。ウトゥです!
カイ……なぜか実体化し、謎の勢力から逃げ回っていた。
カーヤ……謎の場所(幻の塔?)で謎な感じに行動中。クレジットのヒロイン枠をファティナに取られた。
ニーバ……謎の場所で修羅の道を行ってる感じ。
スイーツな人たち……ケルブの店にいた(就職してる娘も)。他の面々もなにかしら手に職は付けているらしい。
ギルガメス……ドルアーガの塔をギルガメスの塔に改称、ドルアーガを倒したのは自分だと吹聴する事をあっさり許し、遷都を行う。
多分一期のラストでメルトとクーパのバックアップに付いてた兵士……黄金騎士団へ。今後、地味に活躍する?
最初のシーンに出てきた赤い髪の女性……ま、まさかあの人は……。あわあわてるようなjかんじゃnい

ジルが半年もズルズル引きこもってられたのは一重にケルブの、罪悪感混じりの責任感のおかげでしょう。
ビフォー→「ヤー・ウルク!」「親衛隊は何者も恐れないッ!!」
アフター→「何がヤー・ウルクだ。恥知らず共め」
かっけえよおっさん……。

生きて帰れたのもジルのおかげだし、終盤の酷い展開の一部始終も知ってるわけだし、旧知の仲であるアーメイさんがお亡くなりになった哀しみも他人事じゃないし、せめて約束の褒章くらいは……ってところで国がアレじゃあ引け目も感じるわなー。

黄金騎士団=黄金の騎士ギルガメス量産型、というイメージで作られたのであろう事を考えても、もはや陛下は信頼できる点が皆無ですね。ただ気にかかるのは、一期の序盤ではまともな人だったのにいつの間にかおかしくなっていたという事。
かつて「ドルアーガの塔」は邪神ドルアーガの居城でした。しかし、「本当のドルアーガはもういない」との事。ならば「ギルガメスの塔」という言葉が暗示するのは……?

まだ一話の時点ではありますが、今のところ一期とサブタイが重なってるのも気になるポイントです。
「ドルアーガの巨塔」→「ギルガメスの塔」
「塔内都市メスキア」→「王都メスキア」

終盤には「今一振りの剣として」とか来そうな予感。ていうか来たらカッコイイよね。

最初は、いかにジルがファティナとの共依存状態から抜け出すかが軸になるのかなーと思ってたんだけどなんかあっさり抜け出しそうですね。その点に関してはむしろファティナが危ないかも。彼女にとって、もはやニーバを信用できる要素はゼロですからね(理屈にならない乙女心分は除く)。ここでジルまで自分を置いてったらこの半年間の献身的なNEET介護はなんだったのかってブチ切れてもおかしくないですよ。

そもそもファティナがニーバのどこを好きだったのかって、クールでイケメンで有能だからという表層部分しか見えないんですよね。ほとんど恋に恋してました状態。
彼女の価値観の対極に生きているジルの事をやたらと気にかけていた事からも、「好き」なのは(イレブンナインの回辺りから)ジルの方だったんじゃねーかなーという風に思えます。一期最終話の「あなた、多分いい娘なんでしょうね。でも好きになれない」「……ほんと、なんで好きになれないんだろう」なんかもう。もう。
そうなるとどうですか、ええ、修羅場ですね。ジルの本命は依然カーヤですからね。憧れの人にキスで騙された挙句裏切られたり引きこもりの世話焼いたり触手に弄ばれたりその姿を抱き枕にされたりOPにまで出されたりしてもまだ終わりそうにない彼女の不幸。頑張れファティナ。きっと今期は同人誌が増えるから。

カイが幻の塔への鍵というのはまあなんとなく雰囲気で納得できますしいきなりようじょになったのもそういう需要もあるよねという事でいいのですが、彼女がウルク国と謎の女性、「二つの勢力」に狙われる理由は何なのでしょう? ウルク国はとにかく確保、謎の女性はしばらく泳がせる、とその方針も異なっています。

予想:
ギルガメスtoウルク→カイを手元に置きたい。その為ならばなんでもする。
謎の女性→ちびカイがジルに懐いた事を利用して幻の塔への鍵を開こうとしている。

といったところでしょうか……? うーん、とにかくギルガメスの本心が分からない。本当にあの人ギルガメスなの? 本物だとしても何考えてるの? もう少しヒント喋ってよ。


<次回→第二話・王都メスキア>

今回は顔見せだけだった新キャラが本格参戦? 一期に比べて物語の密度が濃くて面白かったので次回も期待。
[ 2009/01/10 14:11 ] 漫画アニメ等 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/1123-27152b42


ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第1話「ギルガメスの塔」

助手「2009年1月期第9弾は・・・」 博士「触手はらめぇぇぇぇぇ」
[2009/01/10 20:51] URL 電撃JAP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。