AX まさか勝てるとでも?(私が) 12月24日に波動拳を撃つべき理由










     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12月24日に波動拳を撃つべき理由 

やまなしなひび-Diary SIDE- 12月24日にすべきことをみんなで考えた

提案5.波動拳を放つ為に一日かけて気を練る(TVアニメ版スト2方式)。
(中略)みんなが頑張れば、きっと5、6人は出せるよ!波動拳!誰かが出せただけでも死ぬほど嬉しいはずだよ!「やった!波動は本当にあったんだ!」だよ!だから練ろうよ!気!
(往乃さん/まさか勝てるとでも?(私が)より)

 何を言ってるんだ、この人は?

 ということで、12月24日は「般若の面を被って」「大事な友達や家族と」「ハグをして」「友愛を確かめ合って」「波動拳を出すために気を練る」日になりました。台無しだーー!!



やまなしのとっつぁんよう……私がいかに本気で気を練るべきであると提案していたか、少々理解が足りていないようだな……。

ならば今一度語るとしよう。12月24日を波動拳デイにすべき理由を!
以下、引用部分の原文。赤字部分は省略箇所。

>波動拳を放つ為に一日かけて気を練る(TVアニメ版スト2方式)。真剣に言ってるんだよ。よく考えて! 波動が出るのと白いうみが出るの(田丸ヒロシ語)、どっちが魅力的!? みんなが頑張れば、きっと5、6人は出せるよ! 波動拳! 誰かが出せただけでも死ぬほど嬉しいはずだよ! 「やった! 波動は本当にあったんだ!」だよ! だから練ろうよ! 気!


真剣に言ってるんだよ。

ああ、あえてここでさらにもう一度、声を大にして言わせて貰おう。


真剣に言ってるんだよ。

よく考えて。




幼かったあの頃。「かめはめ波」を出そうとした経験がある方はそう珍しくも無いはずだ。気功砲でもどどん波でもギャリック砲でも元気玉でも霊丸でも二重の極みでも、勿論波動拳でも構わない。
「何か」出そうとした事、あるでしょう、あなたも?

恥ずかしがる事はない。それが普通だ。何かに憧れて、何かの真似をする。極めて自然な事だ。全ては模倣から始まる。幼かったからこそできた、可能かどうかなど考えずにまっすぐ理想を求める美しい人間のあり方と言ってもいい。

しかし、残念ながら幼かったからこそ、かつてのあなたの行いを「究極の美」と呼ぶには致命的に欠けていたものがある。

覚悟だ。

かめはめ波以下何か出そうとした事は幾度もあったかもしれない。
「もしかしたら今日は……」という一縷の望みを賭けて、トライアンドエラーを繰り返したかもしれない。
だが本当に……心の底から、技の代償を支払って、身命を賭して、周囲の視線にも怯える事無く「何か出そう」としていたか?

いなかったはずだ。

「手からなんか出たらすげーよなー」というプラスの結果だけを求めて、それによって失われる体力であるとか寿命であるとか霊力であるとか拳の健康であるとか、そういったマイナス面まで真剣に考えてはいなかったはずだ。出なければ出ないでいいと思っていたはずだ。



理想を求める姿勢という面を見れば美しい。しかし笑止、笑止千万。


「かめはめ波出そうとした事ある奴集まれ」


こういったスレタイ及び、「子供の頃は一度はやるよなあ、無理なのにw」的発言は、著しくかめはめ波に失礼である。正しくはこうすべきだ。

「努力もせずにかめはめ波出そうとした事ある奴集まれ」

かめはめ波 - Wikipedia
亀仙人によれば、この技を会得するには50年修行しないといけないと言っていたが、孫悟空がすぐにこの技を会得(その場にあったブルマの車を大破させるほどの威力)し、やがてヤムチャやクリリン、孫悟飯、孫悟天もこの技の使い手となった為、気の才能さえあれば、習得はそれ程難しくない技だと思われる。

キミらはヤムチャに勝てるのか? 勝てないだろう?
クリリンよりも素質があるのか? ないだろう?
ステンレスのように硬い頭で銃弾を跳ね返さない普通の地球人だろう?
なぜベストを尽くさずに「あり得ない」などと言い切れるのか。
50年修行してから「無理でした」と言えないのか。

「覚悟」が足りないからだ。
本当に撃ちたいのなら覚悟を決めろ。
「あり得ない」と言い切る前にやれる事をやれ!!


勿論、かめはめ波を撃つためだけに50年を生きる事などできまい。
しかし、12月24日という一年のうちのたった一日をかめはめ波に割く事くらい難しくはないだろう。
そもそも、その日にやる事を決めようという話のはずだ。現行人類の中にクリリンクラスの才能を持った者がいないと、実際に試してもみないうちから誰が言い切れるのか。

春日野さくらも、見様見真似で波動拳を習得した。ダンという師匠は一応存在するがまあそれはどこか目の届かないところに置いておくべきだろう。

きっとどこかにいる。一日気を練り続ければ波動拳を撃てる漢が。
「気とかありえねーしww」という嘲笑をまさしく「一撃」で吹き飛ばす事のできる者が。
全てのカラスが黒くない事を証明するには、たった一羽の白いカラスを見つければいい。
そして、白いカラスは実在する。

だから、気を練るべきだ。



他者が刹那の快楽に身を委ねている中、常識の壁を打ち破るべく自分自身との戦いに聖夜を捧げる。その姿の何と孤高にして美しい事かー!!

やまなしなひび-Diary SIDE- 12月24日にすべきことをみんなで考えよう
<条件>
・卑屈になってはダメ
・周りから「自分もやってみたい」と思わせるものでなくてはダメ
・滅多にやらないことでなくてはダメ
 喩えば、12月24日を一人で過ごす人達で団結して「寂しさを紛らわそう!」みたいなのは僕はあまり好きじゃないです。それって「12月24日はセックスをする日」という前提の元に、それが出来ない人達で集まって誤魔化しているだけという気がするからです。
 紛らわすのではダメなのです、価値観そのものを変えなくては。



卑屈さなど無い! 誰もが夢見ている! しかし実際にはやろうとしない!
そして、成功すれば価値観が――否、世界が変わる!!
完璧じゃないですか!!



漫画版ストⅡVを執筆していた馬場康誌は、作中でこんな名台詞を残している(うろ覚え)。


「こいつは押しても駄目だな、リュウ」
「ああ。押して駄目なら……」

「「ぶちかます!!」」

押して、押して、押しまくる。力の限り、押し尽くす。



無理を通せ。道理を引っ込めろ。
そう、12月24日という日はそのために存在しているのだ。

今一度聞こう。
たとえば12月24日、世界が滅びるとして。
体から波動が出るのと白いうみが出るの、どっちを体験したいですか?

さあ、やるべき事は分かったな? 神様にお祈りは必要ない。要るのはただ「覚悟」だけだ。
誰に馬鹿にされても、失敗しても、意にも介さず毎年繰り返す強固にして確固たる意思!


それが実を結んだ時こそ、12月24日は「ハドウバーストデイ」に名を改める事になろう!!








ちなみに、打ち切りの主な理由はリュウが気を練ってるだけの回が長すぎたからだと思う。
[ 2008/11/26 00:50 ] 雑文 | TB(0) | CM(4)

まさかの展開にビビっています。
こんな忙しい時期に熱のこもった文章を書かせて申しワケなかったです。

だからこそ、その本気さが伝わりました。

子どもの頃、僕はアバンストラッシュを撃っていました。
しかし、それは「かめはめ波は現実には出ないから意味がないけれど、アバンストラッシュは“何か”が出なくても棒で殴られると痛いから」という極めて現実的な打算によってでした。

だから僕はこれまでの人生を、「適わないことはしない」「実現可能な夢しか持たない」と生きてきたのです。

それではダメなんですよね。
本当にすべきことは「そんなもんムリだよ」と大人びることではなく、「アバンストラッシュが撃てないのは修行が足りないからだ」「ならば修行をしよう!」と一歩を踏み出すことなんだと思いました。


なので僕は、12月24日は大地斬をマスターする日としようと思います。
よしの…じゃなかった、ゆきのさんが仰る提案とは多少ズレてしまいますが。「波動拳」に思い入れのない人もいるでしょうし、「各自が必殺技をマスターする日」とするのはどうでしょうか?
[ 2008/11/26 03:13 ] [ 編集 ]

>こんな忙しい時期に熱のこもった文章を書かせて申しワケなかったです。

休憩中に書いたよーなモノです、ご心配なく。

炎尾……じゃなかった、島本先生も言っていました。
「サンタになれ!」と。

「サンタなんて実際いないよ、なんていかにも自分が常識人、知識人であるかのように振舞っている連中に目を見て正面から言ってやれ。
俺がサンタだ!! と!!」

12月24日という日が「人が夢になるべき日」だとすれば、必ずしもそれがサンタである必要はないのです。
誇りを持って、真正面から言ってやりましょう。

「アバンストラッシュなんて実際出せないよ」
俺がアバンの使途だ!!

個人的には皆であの単調な回し受けを延々と続ける不毛さ、そして0時に合わせて「くぅうぅうっ……! 波動拳」!!という満を持しての締めに魅力を感じるのでTV波動拳をチョイスしたのですが、まあ確かに何を目指すも本人の自由ですね。
大地斬でも獣王会心撃でもブラッディースクライドでもお好きなようにマスターしてください。
[ 2008/11/26 22:04 ] [ 編集 ]

俺は男球か滝沢キックを選ぶぜ

凄え……! あまりの熱い流れに眩暈さえ覚えそうだ! いや、急に寒くなったからとか修羅場のせいとかじゃなくて。うん。

>まあ確かに何を目指すも本人の自由ですね。
なるほど! ならば僕は、えーと、島本ヒーローズの必殺技にも惹かれるんですが、ここはあえてスタンド使いを目指してみようと思います。

「……ボヘミアアアアアアアン・ラプソディイイッ!」
(能力:二次元キャラの実体化)
[ 2008/11/26 22:46 ] [ 編集 ]

俺はカラダ手裏剣を……

選ばない。

>「……ボヘミアアアアアアアン・ラプソディイイッ!」

落ち着け! 
その技は実現すると企画の趣旨に反する結果を生む!!

ペルソナ召喚にしておきなさい。
万が一の事があってもギリでセーフ(自分なので)。
[ 2008/11/27 02:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukinonanashi.blog23.fc2.com/tb.php/1089-ad673e6f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。