AX まさか勝てるとでも?(私が) 2006年05月29日
FC2ブログ










     
 

どーしても谷が越えられない(ジャンプ26 

<ネウロ>
モブキャラにほとんどまともな人がいないのがこの漫画の仕様だということに今更気付いた

祝・吾代久々の登場! 闇金務めのチンピラから望月信用総合調査副社長という驚愕の大出世を果たし、仕事に、社長のお守りにと充実の日々を送っている様子。「アイテム使えやァ!!」と怒鳴りながらも攻略法を教えてあげる彼からはもはや初登場時の狂犬の面影はありません。おそるべし、弥子カウンセリング(←勝手に命名)。
「最近の流れでは、こういう人に限って意外と勉強できたりする!!」に笑。そういう展開はキャラ萌えな人たちに楽してウケを取れる手段ですから、今時の漫画ではベタながら鉄板なんですよね。しかし普通に考えれば、裏の世界で底辺の生活をしてきたような男にマトモな学力などあろうハズもありません。かくして義務教育の年数さえ間違えつつ泣きながら走り去ることになる吾代。魔人だの豹変だののトンデモを扱いながら、こういう道理はちゃんと守ってくれるのが松井先生の良心だと思います。

いかにもこれから事件が始まるかのような描写で登場した英語教師、44度の熱を出してリタイヤ。テスト編終了。春川はスルー。ネウロ曰く「計算外」ですが、読者にしても想定の範囲外ですね。代わって表舞台に現れたのは「家たん、燃え~」と登場一コマで既に限界までぶっちぎっているアキバ系放火魔。
……ひょっとすると春川は、Xに次ぐ(あるいは越える)重要な敵キャラになるのかもしれません。


今回気に入った小ネタ・「その情報屋タチ悪いって俺の世界じゃ有名だったよ!! この前国会議員も騙されてたろーが!!」



↓以下、他の作品についてさらっと

<銀魂>
巻頭カラーのたびに狙い済ましたかのように下ネタを持ってくる、作者のこの根性。しかもこのネタでデスノばりの心理戦。彼は一体何と戦っているのだろう

<ペンギン>
全員ツンデレの桃太郎がさっぱり意味不明で良かったです。

<太臓>
ネウロネタが来るだけでその回の評価が二階級特進するわけで。
しかし一番笑ったのはラストの「人の趣味をとやかく言うな!!」でした。コイツの場を全くわきまえない自由さは本当に素晴らしい。

<テニス>
テニスで消える魔球出ちゃった!!というベタなツッコミしか出てこないのだが、私が悪いのか。

<タカヤ>
おめでとう。
スポンサーサイト



[ 2006/05/29 22:56 ] 魔人探偵脳噛ネウロ | TB(0) | CM(0)